日光浴の効果

Physical

こんにちは、くにやすです!

コロナ禍で自粛生活が続き、ひきこもり気味になると家の中で鬱々としたり、なんとなく体調が悪い、という方も多いのではないでしょうか?そんな時は思い切って太陽の光を浴びることをオススメします!

僕は、休日はできるだけ早朝の散歩とジョギングを心掛けており、特に晴れた日は太陽エネルギーのおかげで心身ともに自律神経も安定し、リフレッシュできます。皆さんも天気の良い日は、是非、日光浴をする機会を作ってみてはいかがでしょうか?

日光浴は健康に不可欠

日光を浴びると血行促進、ビタミンDの生成、カルシウム吸収、セロトニンの分泌、免疫向上や体温上昇、認知症予防 骨粗しょう症予防など、良いことずくめです。

体内時計をリセットする

朝の光には体内時計を24時間に調整する作用があります。起床直後にカーテンを開け、自然の光を屋内に取り込むことが重要です。また、日中に光を浴びることにより、催眠作用を持つホルモンである「メラトニン」の分泌量が、夜間に増えることが明らかになっています。夜に自然な眠りにつくためにも、日光浴は大切です。

精神が安定する

冬季うつ病の予防として日に当たることは効果的です。日光浴をすると、脳内で「セロトニン」という神経伝達物質を分泌する「セロトニン神経」が活性化されます。セロトニンは精神の安定に関わっており、「幸せホルモン」と呼ばれることもあります。ストレスに対処したり、メンタル面の不調を防いだりするのに役立ちます。また、セロトニン神経は、適度な運動によっても活性化されます。日光を浴びながら、ウォーキングやサイクリングをするのがおすすめです

骨の健康維持に役立つ

紫外線を浴びると、皮膚において「ビタミンD」が合成されます。ビタミンDは太陽のビタミンとも言われており小腸でカルシウムの吸収を促進し、正常な骨の発育に関わる栄養素です。そのため、日光浴をして適度に紫外線を浴びることは、骨の健康を維持するのに役立ちます。尚、ビタミンDは魚介類やきのこ類に多く含まれており、食事からの摂取も可能です。

ガン予防にも役立つ

十分に日光に当たるか、ビタミンDを正常レベル以上に保つことは、多くのガンの予防に役立つようです。ビタミンDレベルの高い人は、低い人と比べて、大腸ガン、乳ガン、前立腺ガン、食道ガン、咽頭ガン、すい臓ガン、白血病などの発症リスクが低下するようです。

日光への露出の多い女性は乳ガンのリスクがかなり低下したとも言われています。日照量の多い地域に住む人は肺ガンのリスクが低くなるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました