個人の時代が到来しました!

Life

こんにちは、くにやすです!

いよいよ、本格的に個人の時代が到来しましたね。アイドルグループの解散や、芸能人の所属事務所からの独立、大手企業での終身雇用年功序列の撤廃早期退職を集う加速など、あげれば納得がいきます。

実際に、フリーランスという言葉やフリーエージェントという言葉が当たり前に使われるようになりました。そして、会社に雇われず、個人で稼ぎ生活していく人は圧倒的に増えてきましたよね。これまでの日本社会では「しっかり大学を出て、それなりの企業に勤めること」が将来の安定に繋がっていました。

実際に僕もそう教えられてきましたし、当たり前に思っていました。しかし、ここ数年のネットの普及で、世間の真実が浮き彫りになり、何が正解なのか?がわからなくなってきました。

つまりは、「正解がない」ことが正解であり、この情報化社会で、自分自身で情報を掴み、考え選別し、それを武器に生きることが、この風の時代に求められている姿勢だと僕は思います。

個人の安定が崩壊

この背景には、企業の安定性の崩壊が一番の要因と思います。昔は企業が終身雇用を保証してくれていたり、勤続さえしていれば昇給が保証されていました。高度経済成長の時代、バブル絶頂期は、まさにその時代でした。さらにはボーナスも支給され、多額の退職金をもらえました。企業はあらゆる面で労働者に安定を保証してくれていたのです。

しかし今は、終身雇用なんて言葉は死語に近いものになっており、昇給するのは公務員と一部の優良企業であり、今後はどうなるか?が先へ見えません。退職金が出る人も限られているでしょう。そもそも自分が退職するときに退職金というもの自体が存在しているかどうかさえ怪しいところがあります。そもそも退職金がある、もらえる・・といった考え方が既におかしいのかも知れませんね。

つまり労働者が企業に求めているものが崩壊しているのです。だったら、会社に縛られずに自由に働きたいという発想になるのが自然ではないでしょうか。そろそろ気付いて方向転換をする時期です。

それでも、今は安定して固定給というものをもらえるため、従業員として会社で働く人が多いわけですが、経済成長は伸び悩んでいて、今後さらに経済状況が悪化していくことも事実です。更には、AIの登場により、いつ自分の仕事がなくなるか分からない状況にもなっていますよね。だから多くの人が、潜在的に稼ぐ能力を身に着けなければいけないと感じる必要があるのです。

成長意欲がある人ほど会社の不当競争に気づき始めている

昇給や昇進は、仕事が出来て、会社の利益に貢献した人が得られる権利である・・は基本ですね。と言いたいところですが、本当にそうでしょうか?会社を良くするために沢山の改善案を提案し、業務に取り組み、実際に業績は上がったが、上司から反感を買い、全く昇進出来ないどころか逆に追いやられてしまうというのはよくある話です。

上司の顔色をうかがい、仕事はそこそこに、世渡り上手に働いている人の方がよっぽど昇給なり昇進をする、ということが多々あります。もっと言えば、そもそも会社の体制として、営業部が一番偉くてその他の部署は脇役だ、というような会社も事実あります。

つまりは、自分があげた実績の分だけ評価されるとは限らないわけです。上司に気に入られてさえいれば昇進する会社はたくさんあります。

何の為に、仕事をしているのだろう?

僕は仕事は自分の為にすることであり本来は仕事を通して成長し、幸せになる為と思っています。

個人がメディアが創れる時代へ

Facebook、インスタグラム、TwitterなどのSNSや、ブログ、YouTubeなど、それらのツールを使って個人が自分のメディアを持てる時代となりました。

インフルエンサーといわれる、世の中に影響力を持つ人がたくさん現れ、年収数千万、トップレベルになると数億という人も多数生まれはじめています。毎日のようにネット上に広告として流れていますね。

実際に、有名な大企業でさえもそれらの人物にプロモーションを依頼するという流れが出来ています。自分もそのようなメディアを作れば個人で稼げるのではないだろうかと思い始めている人が増えているのは間違いないでしょう。

僕もその一人です。

そして、企業のPRよりも個人の口コミを聞きたい消費者は、それらの情報を参考にサービスを受けたり購入することが圧倒的に多くなってきました。つまり、企業自体もプロモーションしてくれる企業ではなく、プロモーションしてくれる個人を必要とし始めているという事です。

会社の存在意義は失われていき、やがてなくなるかも・・

これまでの流れで、個人の時代がやってくる理由がわかったと思います。企業の安定が崩壊し始めており、出来る人ほど会社の不当競争に気づき始めてきました。そして個人がメディア化出来る時代に入り、会社に不安や不満を持つ人たちが個人で稼ぐことを選び始めているのです。

これは紛れもない事実です。企業からの人離れこそが、さらに企業が衰退ていく原因となり、不安定さを加速させます。なぜなら、企業にとって【人材】は【人財】だからです。この流れの連鎖が、個人の時代到来に拍車をかけるのです。

個人の時代が到来してからの国の将来は?

今まで国も我々個人も、企業に依存しすぎていただけではないのか?と問う人もいます。

はっきり言います。

日本経済が安定している時代はもう終わりました。終身雇用の時代も終わりました。会社に勤めていれば安泰という時代は終わったのです。だったら会社からの給料を生活の柱として考えている個人は非常に危険な状態なのです。国も副業を奨励しており、大手企業が続々と福利厚生の一つに加えています。

今までは企業に依存していても、企業が安定的に給料を支払ってくれていましたが、ハッキリ言ってその保証はもうないのです。企業に勤めて頑張ることはもちろん悪いことではありませんが、収入の柱が一本では危険な時代だということは理解しておかなければならないでしょう。

当たり前に解雇になれば収入が無くなる、会社が倒産すれば収入が無くなる、就職できなければ収入が無いのです。それが企業に依存しすぎていた何よりの証拠であり、かなりのリスクをおかしていた証拠ではないでしょうか?

もしこの企業依存がなくなり、企業以外からの収入を得るということが常識化されれば、国民全体の生活が安定すると思います。そうなれば、国が今まで保証していた雇用問題、更には年金問題など、あらゆる問題が解消されてくるのではないかと僕は心から期待します。

これから生き残るためのスキルは?

とにかくマーケティングを勉強するべきだと僕は思います。日頃から勉強し続けていかないと、本当に時代に取り残されてしまいます。勉強以前に、この世の中の情勢や、特に日本の歴史をみて、そして真実を知ることです。

もし、自分で事業をやっていきたいのであればとにかくマーケティングに対する知識を取り入れましょう。そして、行動して自分の知恵に変えていくのです。情報弱者は、何をやっても必ず失敗します。

特にこれからはWebでのマーケティングスキルやITスキルは、どんな事業をやっていくにしても必須なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました