メンタルヘルスケアの重要性

Spirit

こんにちは、くにやすです!

現在、ストレスチェックの義務化など、職場でのメンタルヘルス対策の必要性が注目されていますね。僕の取引先でも、少しづつ浸透してきました。

メンタルヘルスとは「心や精神面での健康状態」のことを指します。 職場において、従業員のメンタルヘルスが良好というのは、本人がもっとも高いパフォーマンスを発揮できている状態です。

受けるストレスが増えると、メンタルヘルスは低下する傾向になります。当たり前ですが、メンタルヘルスに不調を抱えた従業員がいる状況では、企業の成長や発展は難しくなります。

今後ますます、従業員のメンタルヘルス不調を防ぐための取り組み(メンタルヘルスケア)を行うことが企業にとっても、重要課題のひとつになってくると思います。

メンタルヘルスの重要性

現代は働き方の変化が進み、仕事や業務に対して強い不安やストレスを感じている社会人は増えています。厚生労働省が発表した「労働者健康状況調査」によると、職業生活において、ストレス等を感じる労働者の割合は約58%にも上るというデータがあります。万が一、従業員にメンタルヘルスの不調者が出た場合、休職や退職などのリスクが高まる恐れがあります。

このような事態を招かないためにも、企業はしっかりとメンタルヘルス対策を行うことが大切です。仕事のパフォーマンスを上げるには、健康な体と心が必要です。メンタルヘルス対策を行うことで従業員の意欲を引き出しやすくなり、結果として業績の向上に繋げやすくなるというメリットがあります

メンタルヘルス対策として必要なケアとは?

厚生労働省が定めた「労働者の心の健康の保持増進のための指針」によると、業員の精神的健康保持のためには、4つのケアをうまく機能させることが重要だとしています。

4つのケアとは、「セルフケア」「ラインによるケア」、「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」「事業場外資源によるケア」というものです。なかでも、健康経営を目指すうえで、注目されているのが「セルフケア」と「ラインによるケア」です。

セルフケア」とは、働く人が自分自身で行うケアを指します。自らのストレスに気付いて予防・対処を行うものです。また、企業は従業員がセルフケアをスムーズに行えるよう教育・支援することが重要だとされています。

ラインによるケア」とは、企業における管理監督者が行うケアのことです。

セルフケアの主な種類と方法

ストレスと上手に付き合うための「セルフケア」を従業員に習得させることが、メンタルヘルス対策の基本と言えます。セルフケアの主な種類と具体的な方法について伝えます。

メンタルヘルスを正しく理解する

セルフケアにおいて、まず重要になるのが「メンタルヘルスについての正しい理解」です。従業員の一人ひとりが、ストレスに関する知識を身に付け、セルフケアの重要性を知る必要があります。企業が従業員に対してセルフケア教育を行うには、日常生活や実際の業務と関連付けて、重要性を説明すると効果的です。日頃大きなストレスを感じていない従業員の場合、どうしてもセルフケアに関する興味を持ちにくい傾向にあります。

そこで、実際にメンタルヘルスケアで問題になっていることや、具体的なリスクなどを提示するのが重要になるのです。メンタルヘルス不調は、誰にでも起こり得る深刻な問題です。自分には関係のないものという認識を取り払うためにも、身近な問題を提示し、重要性を理解させましょう。

ストレスへの気づき

日常生活や仕事などのさまざまなシーンでストレスを感じやすい現代だからこそ、自分の心身の状態をきちんと把握し、早めにセルフケアを行うのが重要です。また、セルフケアを上手に行うには、「ストレスへの気づき」が不可欠なのです。自分にどれくらいのストレスがたまっているのかを知るには、「日常の行動をチェックする」という方法があります。

具体的にチェックすべきポイントは、まず「食欲」が挙げられます。食欲があるか? また空腹を感じられるか? 確認しましょう。次は「睡眠」です。寝付きが良いか、また途中で目が覚めることはないか、睡眠の質についてチェックするのが重要です。さらに「趣味・娯楽」もポイントとなります。趣味を楽しめるか?満足感を味わえるか?という点に注目することも大切です。

ストレスへの対処

心身に異変を感じたときは、セルフケアとして「ストレスへの対処」を行うのが基本です。自分に合う方法で、心と身体をしっかりと休める必要があります。例えば、「オンオフのメリハリをつける」のも良いセルフケア方法です。休日は仕事のことを考えないようにするなど、メリハリをつけて生活すると良いでしょう。

また、「体を動かす」のも良い方法です。適度な運動は気持ちのリフレッシュに役立ちます。さらに、家族や友人などに「話を聞いてもらう」のも大切です。誰かに話を聞いてもらうことで、不安な気持ちが和らいだり、気分が明るくなったりすることもあります。

ラインによるケアの主な種類と方法

メンタルヘルス対策を従業員に浸透させるうえで、重要になるのが「ラインによるケア」です。管理監督者の大きな役割となる「ラインによるケア」には、どのような種類があるのか?主な種類と取り組みについて確認していきます。

部下とのコミュニケーション

「ラインによるケア」として大切になるのが「部下とのコミュニケーション」です。日頃から部下と密にコミュニケーションを取るよう心がけることで、部下の心身の異変を早い段階で察知できます。

特に、「遅刻・早退・欠勤が増えた」「職場での会話が極端に減った」などの変化がみられた場合は、要注意です。さらに、あいさつをしたときに「表情に覇気がない」「声が小さい」場合なども気を付ける必要があります。また、普段とは異なり「ミスが目立つ」「業務効率が極端に落ちている」場合にも、言動をよく観察するように心がけましょう。

部下が相談しやすい環境を整える

管理監督者は職場の人間関係や、部下の精神状態について把握しておく必要があります。これらを把握するためには、日常的に「部下の相談に耳を傾ける」姿勢が大切です。部下がいつでも安心して相談できるように、環境を整えておくと効果的です。

さらに、長時間労働や休日出勤などによって過労が疑われる部下には、個別の配慮を行います。管理監督者から積極的に声をかけ、心の健康状態の把握に努めるのが肝心です。

セルフケアを促す

メンタルヘルス不調がみられる従業員には、「セルフケアを促す」のもポイントとなります。自分自身の不調には、なかなか気付かないというケースも多いものです。セルフケアをきっかけに自らの不調に気付いてもらい、上手にストレスと付き合う方法や解消法を見つけるためのサポートを行いましょう。

また、心身の不調を言語化してもらい、抱えている悩みや不安について、じっくりと話し合う場を設けるのも大切です。悩みや不安を整理するだけでも、安心感を与えられたり、心の健康維持に役立てられたりする場合があるからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました