マネージメントとリーダーシップの違いとは?

Knowledge

マメージメントとリーダーシップの違いについて

マネジメントは、しばしばリーダーシップと同義と捉えられる場合があります。リーダーシップとマネジメントは、いずれも目的を同じとしていますが、リーダーシップは具体的な目標や結果を示す役割を持ち、一方のマネジメントはその手段や、どのように目標を達成するのかを示す役割を持っています。

例えばものづくりに例えるなら、「どんな物を作りたいのか」の What の部分を指し示すのがリーダーシップであり、実際にその物をどのように作るか考え制作する、How の部分を担当するのがマネジメントであると言われています。

実際にはさまざまな ビジネスシーンで両者が同義で用いられるケースも見受けられます。 管理職やマネージャーなど、上の立場になるとリーダーシップやマネジメントなどの言葉を 頻繁に聞かされるようになります。ただ、実際のところリーダーシップやマネジメントの素質に肩書や役職などは関係ありません。誰であっても、リーダーシップやマネジメントの能力を発揮することができます。

先導者がリーダーとしての役割を果たす

まずリーダーシップというのは、人を特定の方法へ導くことを指します。 例えば、あなたが海外旅行を企画するとします。このとき一人旅の場合はリーダーシップに関係なく、勝手に旅行へ行けば問題ありません。ただ、まったく計画のない段階から何人かを集めて旅行に行くとなると、周囲への声掛けが必要になります。このときは「海外旅行へ参加するメリット」「どこに行くのか」「どのような楽しみがあるのか」について友人にプレゼンテーションをします。プレゼンの方法は電話かもしれませんし、メールで伝えるようになるかもしれません。いずれにしても、このときは人を動かすだけの力量が試されます。 そうして海外旅行へ行きたい人が何人も集まり、実際に成立するとなると、その人はリーダーシップ性を発揮したといえます。

リーダーというのは「何か目標を設定し、それに向かって人を導く先導者」だといえます。
リーダーシップ性がなければ人が集まらないため、人を惹きつける能力が必要になります。
そのためリーダーに肩書は関係なく、どれだけ人を先導できるのかが重要になります。

マネージメントとは?

マネジメントとは、辞書をひもとくと「経営」や「管理」を意味します。
自分の管理するチームの部下の能力を最大限引き出し、仕事の成果を出すことで、組織の目標を達成してゆくのが、マネージャー業である、と捉えることができます。組織で働く人たちに成果を上げてもらうために、仕事の進み具合やモチベーションなど、様々な角度から効率よく、生産的に管理してゆくことがマネジメントといえます。

そもそも「マネジメント」は、アメリカの経営学者P.F.ドラッカーが生み出した概念であると言われています。ドラッカーは著書の中で、マネジメントを「組織に成果をあげさせるための道具、機能、機関」と定義しています。

結果を出すリーダーやマネージャーの心構えと条件

  • 部下に完璧・完全を求めてはいけない
  • 優秀なリーダーは決してあきらめない
  • 原理原則に従った指導をする

どのようにしてリーダーやマネージャーとして成果を出せばいいのでしょうか。組織で仕事をするとなると、リーダーやマネージャーとして部下を引っ張っていかなければいけません。起業して一人でビジネスを動かしている人であっても、他の人を巻き込んでビジネスを組み立てて いく必要があります。 そのようなとき経営者・幹部であれ、部長や課長クラスのマネージャーであれ、結果を出せるリーダーとして機能しなければいけません。 このときのリーダーに必要な考え方として、「自分が率先して動くことで、結果を出してはいけない」こと があげられます。組織に属する部下(社員)の全員が結果を出すことにより、一人だけの力よりも大きな 達成へと導けるマネージャーが本物だといえるのです。 ただ、そのために「結果を出す優秀なリーダー・マネージャーが、どのような心構えで部下と接しているのか」 を理解しておく必要があります。こうしたリーダーの条件を知った上で実践することが、組織の活性化に つながるようになります。

リーダーシップとマネジメントをビジネスで発揮する

  • 組織に良い結果をもたらすリーダーやマネージャーには共通する心構えと条件

正しくリーダーシップとマネジメントを実行に移すようにしましょう。経営者や役員(管理職)を含め、組織の上に立つ人間はリーダーシップがなければいけません。 目標を立て、人を導いていく能力が必要になるのです。また、同時に目標を達成させるために 必要なポイントを調べ、準備したうえで部下を動かすマネジメント能力も必須です。 両方がなければ組織は円滑に動きません。どちらか一方が欠けると、社員は誰もついていかなくなるのです。 ただ、ビジネスの場面では正しく部下を指導できていない人が大多数です。 そこでどのように行動すればいいのか認識したうえで実行に移せば、組織の成果が見違えるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました