オウンドメディアって何?

Knowledge

お疲れさまです、くにやすです!

オウンドメディア(Owned Media)
とは、自社や個人で所有するホームページ、ブログ、SNSアカウント、紙媒体のパンフレットなどを指し、広い意味では自社で所有するあらゆるメディアのことを指します。

Webマーケティングの世界では、オウンドメディアは自社や個人で運営し情報を発信するコンテンツを含むWebサイトやWebマガジン、ブログなどを指す場合が多いようです。

2010年頃に日本で紹介され始めた「オウンドメディア」は、テレビ・ラジオ・新聞・Web広告など企業が広告費をかけて情報を掲載する「ペイドメディア(Paid Media)」、ブログやSNSでの口コミなど消費者やユーザーが起点となって情報を発信する「アーンドメディア(Earned Media)」(※Earnedは「獲得した」の意)とあわせた三大メディアのひとつとして位置づけてられています。

ペイドメディア(paid media):
PPC広告、バナー広告等、支払を伴い費用対効果を重視するメディア。

アーンドメディア(earned media):
ソーシャルネットワークのように、信用や評判の獲得を目的とするメディア。
earned とは(信用、評判)を獲得するという意味です。

オウンドメディア(owned media):
Webサイト、ブログ(CMS)等、自社所有のメディアで、多様なメディアを統合・補完するハブの役割を担うもの。

オウンドメディアが注目される理由

オウンドメディアが注目される理由は2点あります。

ユーザー視点重視型の情報配信元である

今はネット上の情報量が増え、ユーザーは色々な情報を手にすることが出来ます。その結果、商品をアピールするだけでは、ユーザーを繋ぎ止めることが出来ません。商品とは切り離した、純粋にユーザー視点に立った情報を提供することで、

新規訪問 ⇒ リピーター ⇒ ファン

になるように囲い込んでいきます。

このような役割を持つメディアがこれから求められるでしょう。この役割を担うのが、字数制限がなくレイアウトも自由にできるオウンドメディアです。

SEOのリンク主義から、コンテンツ主義への変化している

もう1つの理由はSEOの変化と言えます。

検索エンジンが上位表示する基準は、リンクだけに留まらず、コンテンツの内容が大きく影響するようになりました。その結果、ユーザーが高く評価するコンテンツを掲載すれば、検索エンジンが上位表示し、アクセスもアップするというメリットが生まれます。

すなわち、オウンドメディアにおいて、ユーザーが評価する記事を掲載することは、ユーザーを囲い込むだけでなく、SEO効果によってアクセスアップも期待できる状態になったということです。

オウンドメディア構築の留意点

100ページ以上のサイトになっているか?

100ページはあくまで目安であり、これ位のページ数がないと上位表示は期待できません。当たり前ですが、アクセスがなければメディアとは言えませんし、アクセスを増やすことは重要なポイントです。

品数が少ないコンビニ店には誰も立ち寄らない理屈と同じですね。

店員の対応が悪い、笑顔がない・・ならなおさらですね。

各ページに検索ワードは決まっている?

ページ数が多くても、対象ワードが明確でないと上位表示は期待できません。まずはページを増やすという考えは、最初の1歩としては良いですが、ページ数だけでは成果が出ないことも忘れないで下さい。

重要キーワードは、言葉サイズは単語ではありますが、最小限の【テーマ】だと僕は思います。

検索ユーザーの関心事を踏まえているか?

各ページは、冒頭でユーザーの関心を言葉にして伝える必要があります。伝えたいことを伝えるのではなく、ユーザーが知りたいことを伝えることが大切です。

記事そのものを商品と位置付けているか?

ページの内容は、ユーザーの関心に答えるだけでは不十分です。コンテンツマーケティングとは、コンテンツ間の競争に他なりません。ただ、役立つ情報を提供すれば良いのではなく、競合記事よりも優れている必要があります。

ひとつの記事 = 立派な商材 だと、

意識して作成する必要がありますね。

オウンドメディアとコンテンツを他で例えるなら・・

メディア  = 店 舗

コンテンツ = 販売員

で、考えてみるとわかりやすいです。

オウンドメディア運用を家電量販店経営に置き換えると、オウンドメディア=「店舗」そのもので、それぞれ専門の情報を持ち合わせているという意味では、コンテンツ=「販売員」です。

販売員が接客を行い、お客さんに欲しいと思ってもらい、その結果商品を買ってもらう、つまり家電量販店における「成果」として売り上げが生まれるわけです。

店舗に足を運んでもらうための
「集客施策」を行なっている

お客さんの困ったを解決するために、
「専門的な知識を持った販売員」を適材適所に配置

販売員には正しい知識を持たせるだけでなく、
「クロージング」も強化している

商品を「カテゴリ」で分けそれぞれに
販売員を配置し、目的の商品や情報を探しやすくしている

つまり、ブログを対象とするなら、

雑記ブログは総合デパート、百貨店やコンビニエンスストアであり、特化ブログは、専門店と言えるでしょう。オウンドメディアを構築していくにあたり、最初にしっかりと方針(コンセプト)を立てる必要があります。

何のジャンルでお店(ブログ)を、

開 店(開 設)するのか?


どんな店員(記事)を、

採 用(記事作成)、
配 属(配 置)、
育 成(リライト)するのか?

会社を設立する感覚と似ていますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました