うつ病、うつ状態とは?

Life

どうも、くにやすです。

うつ病、うつ状態とは、強いうつ状態が長く続き日常生活に支障を来してしまうような病気です。 最近ではコロナ禍の影響もあり、世の中が混沌としておりうつ病患者が増えています。

うつ病は、なぜ発症するのでしょうか?

日常生活の中で、嫌なことやガッカリすることがあれば、気持ちが沈んで元気も出なくなる・・ ということは誰もが経験することですよね。しかし、多くの場合、たとえ気分が落ち込んだとしても何か楽しいことがあればその時だけでも気が紛れたり、時間が経ってガッカリさせられた原因が解消されたりすると、自然に気が晴れてくるものです。

こういった誰もが経験する、“一時的で、日常生活に支障を来さない気分の落ち込み”は【うつ病】とは言いません。 うつ病での【うつ状態】というのは、“物事に対する関心や取り組む意欲が失せて何もする気が 起こらない状態が一日中ずっと続く、又はほとんど毎日、2週間以上にわたって続いた状態”を指すようです。

また、「眠れない」「食べられない」などさまざまなつらい症状も伴うため、日常生活に大きな 支障を来したりするようになります。 うつ病は、誰にでも起こりうる病気です。

厚生労働省の調査(平成14年度)によると、 日本では20歳以上の人の約7.5%(およそ13人に1人)が、その調査の時点までに、 一度はうつ病を経験したことがある、と報告されています。世界でも人口の3~5%の人が うつ病だといわれており、この数字をあてはめると日本でも600万人以上の人がうつ病に かかっていると考えられます。

しかし、実際に治療を受けている人は、そのうちの25%程度とされることから、うつ病患者さんの4人に3人は適切な治療を受けていないというのが実情のようです。 また、うつ病に悩む人の多くは、専門の精神科ではなく、まずは、一般の内科などを受診している という調査結果もあるようです。 うつ病は早期に発見して適切に治療すれば、十分に治りうる病気です。

このため、患者さん本人や 周囲の人が早く気づいて、専門家による適切な治療を受けることが大切です。

僕自身も、これまでの人生で、「多分、あの時はうつ状態だったな・・」と思えるタイミングが 2回ほどありました。

その当時は今ほど「うつ病」の浸透がなかった事もあり、 病院で診てもらう事はしませんでした。 今思うと、自分だけで抱え込まず、誰かに相談すること、専門医に診てもらう方がよかったのでは・・と思います。

うつ病の原因

うつ病の原因には「心理的なストレス」「脳内の変化」「なりやすい体質」の3つがあります。

うつ病の原因には「ストレス」「脳内の変化」「体質」の3つがある

うつ病がどうして起こるのか、まだ十分に解明されていませんが、現在わかっている原因として、 「心理的なストレス」、「脳内の変化」、「なりやすい体質」の3つがあります。これら3つの原因が重なって、うつ病を引き起こしていると考えられます。

うつ病は心の病と思われがちですが、じつは脳の病気でもあります。心理的なストレスとは、 過労や対人関係のトラブル、離婚や死別といった生活上の問題が原因となるストレスですが、 そうした心理的なストレスがきっかけとなり、そのストレスで脳の働きのバランスが崩れることで、 うつ病が発症すると考えられています。

脳にはたくさんの神経細胞があり、さまざまな情報を伝達していますが、その働きで「感情」が生まれます。最近の研究では、ストレスを受けることで脳の一部の神経細胞の形に変化が生じ、それによって感情や考え方にゆがみが起きるのではないかと指摘されています。

遺伝子がうつ病の原因となる可能性は?

うつ病の発症に遺伝子が関わっているかどうかは、はっきりとしていませんが、親や兄弟にうつ病に なったことがある人がいると発症率が高いことがわかっています。そのため、うつ病になりやすい体質 があると考えられています。

うつ病の症状

大きくは、体の不調と心の不調の2つに分けられます。 心の不調とは、意欲・興味の減退、仕事能力の低下、抗うつ気分、不安・取り越し苦労が含まれます。体の不調とは、睡眠障害、疲労感・倦怠感、首・肩のコリ、頭が重い・頭痛等があげられます。大きくは、体の不調心の不調の2つに分けられます。>

うつ病の特徴的な症状

うつ病では、さまざまな心の不調や体の不調が現れます。体の不調としては、睡眠障害や疲労感・倦怠(けんたい) 感、首・肩のこり、頭が重い、頭痛などがあり、心の不調としては、意欲・興味の減退、仕事能力の低下、抑うつ気分、 不安・取り越し苦労などが挙げられます。

うつ病は、精神科や精神神経科の専門医でも診断が難しい病気です。他の病気のように血液検査や画像検査などで異常を見つけることができないため、詳しい聞き取りを行って診断をつけることになります。 うつ病を診断するときに特に重要なのが、「憂うつな気分」「何に対しても興味が持てない」という2つの症状です。

うつ病と似た症状を起こす病気と見分け方

うつ病に似た症状を起こす病気として、認知症、脳梗塞や、甲状腺の病気やアルコール依存症等がなどがあげられます。

うつ病に似た症状を起こす病気

憂うつな気分や意欲・興味の低下など、うつ病に似た症状を起こす病気は、うつ病のほかにもいろいろあります。精神疾患としては、「不安症」や「パーソナリティ障害」、「適応障害」などがあります。

また、脳や体の病気で、うつ症状が現れることがあります。最近、うつ病と間違われることが多くなっているのが「認知症」です。うつ病なのか認知症なのかを見分けるには、詳しい問診を行い、場合によっては画像検査も行います。うつ病は認知症に移行しやすいこともわかっているため、高齢者のうつ病の治療は大切です。

脳の血管が詰まって「脳梗塞」になると、脳の働きが悪くなるため、うつ症状がみられることがあります。その場合、症状が急に現れるのが特徴で、言葉が出にくい、物の見え方がおかしいといった脳梗塞独特の症状がないかをチェックする必要があります。また、「甲状腺の病気」などでもうつ病に似た症状が出ることがあります。

病気以外が原因のうつ病症状

病気でなくても、アルコールなどの依存性物質やインターフェロン(ウイルス性肝炎の治療薬)などの薬剤が、うつ病に似た症状を起こすことがあります。うつ病かどうかを見分けるには、アルコール依存症になるほどの量の飲酒をしていないか、副作用でうつ症状が出るような薬を服用していないかを確認します。うつ病を疑って受診した場合、問診では服用している薬も忘れずに伝えることが大切です。

周りの人が気づきたいうつ病のサイン

周りの人が気づくサインとしては・・

①口数が少なくる
②イライラしている
③朝や休日明けに調子が悪い
④遅刻・欠勤が増える
⑤だるさを訴える
⑥身辺整理をする

などがあげられます。

うつ病のサインに気づくには?

うつ病は本人が気づきにくい病気です。

うつ病に関する知識がないと、症状が現れているのにうつ病に気づかないこともあります。また、重症になると、脳の働きが低下し、病気であることを認識できなくなります。

重症になる前に、医療機関を受診して治療を行うためには、家族や周囲の人が気づくことがとても大切です。ただし、無理に受診を勧めると、本人が余計に落ち込んでしまう原因になりうるため、サインを正しくとらえて本人に具体的に伝えることが大切です。

周りの人が気づきたいうつ病のサインとしては、「口数が少なくなる」「イライラしている」「朝や休日明けに調子が悪い」「遅刻、欠勤が増える」「だるさを訴える」「身辺整理をする」などが考えられます。本人に直接伝えづらい場合には、家族や親しい友人、その人が信頼している人から伝えてもらってもよいでしょう。職場であれば産業医に相談できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました