法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者以外の

法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者以外の異性と故意に性的関係になることを浮気といいます。
すなわち、法律の上では、男女関係に発展していなかったらご飯をしたりカラオケに行く程度なら、浮気とはいえないということになります。
性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、プロに頼んで調べて貰うという手もあります。
浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができ立としても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、配偶者の浮気が確実なものになったからといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。
相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。反対にそれが男性の場合でもまた同様でしごとを両立指せることは簡単では無いでしょう。何人の調査員が必要なのかというと、調査の方法や時間などによって幅がありますが、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われています。
しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、浮気が確実かどうか、調査員が1人で調査をすることがよくあります。浮気が現実であると判明したら、再度、浮気の証拠を掴むための調査を行う人数などの調査方針を決めることになります。
稲沢市浮気不倫調査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です