門田の雨宮

高知で浮気の調査はどこに頼む?失敗したくない人は見て!
離婚を覚悟の上で、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、揉め事を大きくする可能性があるので、止めるようお願いします。信頼する人に付いて行ってもらえば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。信頼できる人が同行できないときは、探偵等に依頼すると良いです。法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者以外の異性と故意に性的に親密になることを不貞と定めています。すなわち、法律上では、男女関係に発展していなかったら食事をしたりカラオケに行く程度なら、浮気とはいえません。男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。浮気調査で肝要なのは、本当に相手が浮気しているかの調査です。不倫行為が確実ではない場合は次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。主にパートナーの尾行を中心として、怪しまれぬよう監視を続け、不倫相手の正体を証拠として押さえるのです。もし貴方が浮気されて、「裏切られた!!」と感じ、慰謝料を請求するほどに怒り、行動するのなら、尚更念入りに、相手への調査が必要ですし、何回もやっているのであれば、その都度都度の過ちの証拠を掴まなければなりません。その辺を探偵社に調査して貰うようにすれば、探偵は貴方の期待に応え、ぐうの音も出ない形で、貴方に届けてくれますし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を届けて貰えるのです。頻繁に掛かってきたり電話が掛かってきていたりその電話番号に掛けていたりしたらその電話の相手が浮気相手という確率はある程度間違いないと思われます。そういったことに気付いたらその電話をしている相手を調べればいいのですね。ですが、気の回るパートナーですと、浮気相手との電話が終わったら着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。妻又は夫が浮気していることが明らかになっても離婚を避けたいのなら密会の場面に行こうとするのはしないほうがいいでしょう。浮気の事実を突き止められると相方が、ひどく感情的になってしまい、元の関係に戻ることができなくなってしまう可能性を否定できません。また、浮気相手と接触してしまうと、大きなストレスになってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です